| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

激流?阿武隈川

昨日の休みは阿武隈川中流域をカヌーで下りました。
スタート直後雪に見舞われて戦意喪失~勝負アリ!って感じで流されるまま下って終了。他のお二人はアグレッシブに漕いでおられました。
s12.jpg
私ひとりだけは楽しむ余裕がありませんでした。気持ちで負けるとダメですね。


下の画像、カヤックがなんて小さいんだ!!
木っ端微塵のように見えますがしっかり漕ぎ切りましたよ。もちのロン!私じゃありません。s11.jpg
スポンサーサイト

| カヌー | 13:45 | comments(6) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

阿武隈川を漕ぐ

先週末は寒波に見舞われて阿武隈山地にも雪が積もりました。
そんな中、阿武隈川の中流部をぷちツーリング。山の彩りはあらかた落ちてしまい...もうすぐふ~ゆですねぇ♪って感じの風景の中を小2時間ほど。

秋も終わりの阿武隈川
漕ぎ終わったら速攻焚き火で暖をとりました。
トン汁が身体じゅうに染みわたって心も温まりました。
トン汁部長ありがとう

| カヌー | 20:37 | comments(7) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

隣のとなりの広瀬川

昨日は阿武隈川の隣のとなり広瀬川を下って来ました。
仙台の名門カヌークラブ~青葉A-1さんの月例会にお邪魔させて戴き、広瀬川上流域の熊ヶ根から河鹿荘までのダウンリバー。
私にとって苦地橋から鳴合橋の区間は初めてのコース。ビギナーにとって普段は近づくことも許されない難コースも、渇水期特別限定解除を得て突入です。

透明な流れ
この日も熊ヶ根の透明度はバツグン

虹
七色の祝福を受けて出発です

青空に紅葉
ピークを過ぎた?いやいや...まだまだ

仲間たち
青い空に紅い木々そして仲間たちに囲まれて


時より西からの雪雲に覆われて時雨ることもありましたが、皆満足の川下りだったのではないでしょうか。
漕ぎ納めなんて言わずにまだまだ漕ぎますよ~!

| カヌー | 14:22 | comments(7) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

阿武隈川カヌーツーリング

先日の日曜日は、ゲストの方と一緒に阿武隈川でカヌーツーリング。
(一般の方を対象とした川下りはリバーズネットとしては初めての試み。体験会を2回以上経験された方をご案内させて頂きました。)

先週は一週間の間ずっと雨と曇りの繰り返しで、ツアーリーダーIさんは実施すべきかどうか前夜まで頭を悩ませていましたが、何とか開催に漕ぎ着けました。

両岸を深い緑に囲まれ蕩々と流れる阿武隈川。体験会では味わえないツーリングの醍醐味の一端を感じて貰えたことと思います。

ゲストの皆さん如何でしたしょうか? 来月8日の名取川でお会いしましょう。お待ちしておりまーす。

070902.gif

| カヌー | 13:54 | comments(6) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

東北カヌーミーティング

先週末は「森と湖に親しむ旬間」に合わせて、七ヶ宿ダムで東北カヌーミーティングが開催されました。
070728.jpg
一度カヌーを体験してみようと、カヌーをお持ちでない方も大勢お越し下さいました。

広大な湖面をバックにすると余りにちっぽけに見えるカナディアンカヌー。乗り込むには少々不安もあったようですが、対岸へ辿り着いた頃には皆さん笑顔になられていましたね。

これがキッカケとなって、新しい世界の発見や人生に彩りを添えることになれば...と思います。


下の写真は、レスキュー講習会の一コマ。
我々リバーズネットメンバーに混じって、体験会に参加された女性の方も一緒にドボン!
その勇気にギャラリーから拍手喝采。会場は最高潮に達しました。○田さん、ありがとう。

_DSC00769.jpg

| カヌー | 22:55 | comments(5) | trackbacks(0) | TOP↑

| PAGESELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。