PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

川遊びインストラクター養成講座・その1

川遊びインストラクター?
川で遊ぶのに指導者もへったくれもね~べ。
面白しぇがったらいいんじゃね。と思いつつ、
一体どんなことをお勉強するのか?
その実態を1年間に渡ってレポートします。2006042201
開講式が執り行われた学水館あぶくま岩沼館、朝の表情。
この頃、館内では事前レクチャーが始まっていた・・つまり遅刻。


川の安全と基礎知識。
2006042202
川って恐ろしい場所なんですね。改めて気づかされたのでした。

装備の説明
2006042203
今後インストラクターとして必需品となる装備の説明に、
皆さん真剣に聞き入っていました。

押分分水路・排水機場見学
2006042204
緊急時、五間堀川の水を阿武隈川に排出するためのポンプ室内。
ドでかいタービンが地下に眠っているそうです。

押分分水路・水門見学
2006042206
ゲートの上から岩沼市内を眺望。
足下を見下ろせば・・なかなかスリリングな高さでした。

アイスブレーク
2006042207
まだまだ緊張の面持ちの新入生。
果たして一年後はどうなっているのでしょう。

カヌーについて
2006042208
ベテランの方から未経験の方まで、皆さんカヌーには興味津々のご様子。

まとめ:
前夜のお酒が残っている頭と身体には座学はひじょ~に辛かった(×_×))
自己管理もインストラクターとして必須条件?
スポンサーサイト

| 川遊び | 23:00 | comments(4) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT

こんばんは。
川遊びイントラ?煙たい仕事みたいですね。でも、何か、つかんで帰ってきたらいいと思います。
お上の見た目の川じゃなく、人間として、川で遊んだ少年として、川に親しんで行くための講座なら興味あるんですが・・・

| isshy | 2006/04/25 22:11 | URL | ≫ EDIT

isshyさん、いつもコメントをありがとうございます。
TVで紹介されるような清流でなくとも、遊んだり近づくことすら出来ないドブ川ではないと思うんです(例外を除いてほとんどの場合)。身近に流れる川にも、それぞれにそれなりの良さがあるんじゃなかろうかと。
訳のワカラン答えになってしまいました<(__)> まずは何はともあれ、これから一年間阿武隈川を思いっきり楽しんでみようと思います。どんなことが待っているのか?一年掛けてレポートしますので、宜しければおつき合い下さいませ。
事後報告となってしまいましたが、勝手ながらFIELD & STREAMをリンクさせて貰いました。今後ともよろしくお願いします。

| ソラ | 2006/04/28 01:20 | URL | ≫ EDIT

こんばんは。みつです。
生活する中で身近に存在するのに実は何もわかっていなかった川を改めて知るキッカケになる講義だとおもいますね。
そして身近にある川が危険な存在としてだけではなく、安全に楽しめより親しみのもてる存在として生活に位置づけられたら子供たちにとっても、大人にとってもいな~とおもってます。
チョット奇麗事だったかしら・・・

| みつ | 2006/04/28 23:35 | URL | ≫ EDIT

いえいえ
みつさん、ようこそいらっしゃいました。
改めて川を知るキッカケ、生活に密着した川の存在・・決してきれい事ではなと思います。地道な活動が将来の環境や人づくりに繋がっているものと信じております。
GWはお出掛けですか?またお話を聞かせて下さい。

| ソラ | 2006/04/30 20:39 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://abukuma.blog46.fc2.com/tb.php/14-852b063a

TRACKBACK

PREV | PAGESELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。